『グリンゴ/最強の悪運男』2020年2月7日(金) 新宿バルト9他 全国ロードショー

イントロダクション

シャーリーズ・セロンらハリウッド豪華キャストで放つリベンジ・エンターテインメント!

シャーリーズ・セロンらハリウッド豪華キャストで放つリベンジ・エンターテインメント!

〈極悪モンスター上司〉へのリベンジに
5億円の偽装誘拐を企てる〈正直者社員〉
ラストの瞬間まで連続のドンデン返し─果たしてその結末は?

 製薬会社の管理部長としてシカゴ本社とメキシコ工場を行き来し、朝から晩までマジメに働いたのに、もうすぐクビに! 友達だったはずの経営者に騙された上に、最愛の妻にまで離婚される始末… パッとしない負け犬人生を歩んではきたけれど、さすがにこれほどのどん底は初めてのハロルドは、極悪モンスター上司のリチャードと、彼の愛人で共同経営者のエレーンへのリベンジを誓う。メキシコで〈偽装誘拐〉を演じ、身代金5億円を奪うという、生涯初の悪事を企てたのだ。ところが、ハロルドが死ねば、会社に保険金が入ることに気づいたリチャードは殺し屋を雇う。さらに、リチャードの会社の医療大麻の製造レシピを狙うメキシコの麻薬組織のボスが、ハロルドの〈本気の誘拐〉に参戦! 果たして、貯めに貯めた悪運を爆発させた、ハロルドの一発大逆転の切り札とは?

 アカデミー賞®主演女優賞を受賞した『モンスター』で製作も手掛けて以来プロデューサーとしても活躍、『アトミック・ブロンド』、『プライベート・ウォー』、デヴィッド・フィンチャー監督のTVシリーズ「マインドハンター」など数々の話題作を世に送り出してきたシャーリーズ・セロンが製作・出演の2役を担う。

 お人好しで温厚で正直者すぎて、貧乏くじばかり引いてきた男の爽快かつ壮大にして、ラストカットまで完全予測不能のスーパーリベンジ・エンターテインメント!

〈悪運男〉VS〈最低男〉×〈性悪女〉にくせ者も次々登場!
100%負け犬人生からの一発大逆転とは!?

 〈最強の悪運男〉ハロルドには、『グローリー/明日への行進』でキング牧師に扮し、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたデヴィッド・オイェロウォ。『アウトロー』や『インターステラー』などでシリアスな役どころを演じてきた彼が、巻き込まれ型の負け犬を絶妙かつ愛すべき情けなさで演じ、新たな魅力を発揮する。

 良心が1ミリもない〈最強の最低男〉リチャードには、『ラビング 愛という名前のふたり』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジョエル・エドガートン。味わい深い演技でハリウッドに足跡を残してきた個性派が、友達は利用するもの、女性は手を出すもの、金は自分だけのものという、絶対に近づきたくない男を、振り切って演じた。

 オスカー女優にしてハリウッドのトップスター、シャーリーズ・セロンが演じるのは、己の欲望は必ずかなえる〈最強の性悪女〉エレーン。本人もリハーサルでは思わず赤面したというエロティックな台詞をクールにキメ、映画史上最も性格の悪い女をスタンディングオベーションで称えたいほど完璧に演じた。さらに、『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・サイフリッドも、ハロルドに唯一優しさを与える重要な役柄で出演している。

 監督は、ジョエル・エドガートンの兄、ナッシュ・エドガートン。俳優、スタントマンとして100本以上の作品にクレジットされる名パイプレイヤーだが、1996年から監督業にも進出。短編映画『Spider』はサンダンス映画祭の短編賞を始め21もの賞を受賞し、海外ではすでにその才能を認められている。スピーディーな展開のストーリーを、さらに加速させる音楽は『アナと雪の女王』のクリストフ・ベック。

 ボランティア活動で人命を救う一方で、暗殺も請け負うスゴ腕の元傭兵、ビートルズを批判する者を問答無用で射殺する麻薬組織のボスなど、さらなるくせ者キャラも乱入、ノンストップのドンデン返しのその先に、まさかの感動まで待っている〈負け犬の大逆転〉とは──?

グリンゴとは

スペイン語で「よそ者」を意味するスラング。メキシコ人などヒスパニックの人々が、アメリカ人を小バカにするニュアンスで使われる。

キャスト&スタッフ

  • デヴィッド・オイェロウォ《ハロルド》 DAVID OYELOWO《Harold》

    1976年4月1日、イギリス、オックスフォード生まれ。2014年、『グローリー/明日への行進』で絶賛され、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。その他の出演作は、『ラストキング・オブ・スコットランド』(06)、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(11)、トム・クルーズ共演の『アウトロー』(12)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『リンカーン』(12)、『ペーパーボーイ 真夏の引力』(12)、『大統領の執事の涙』(13)、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』(14)など。新作は、アンジェリーナ・ジョリー共演の『Come Away』(20)、自身の長編初監督作でもある『The Water Man』。舞台への貢献を高く評価され、2016年に大英帝国勲章OBEを受章した。
  • シャーリーズ・セロン《エレーン》 CHARLIZE THERON《Elaine》

    1975年8月7日、南アフリカ生まれ。製作も務めた『モンスター』(03)の主演で、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞など主な賞を総なめにする。続く『スタンドアップ』(05)でアカデミー賞®とゴールデン・グローブ賞、『ヤング≒アダルト』(11)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、役柄によって全く違う顔を見せる演技派として称えられる。出演と製作を兼ねた作品に、『アトミック・ブロンド』(17)、『タリーと私の秘密の時間』(18)、セクハラを告発した実在のニュースキャスターに扮する新作『Bombshell(原題)』(19)などがある。その他の出演作は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)、『ワイルド・スピードICE BREAK』(17)などがある。
  • ジョエル・エドガートン《リチャード》 JOEL EDGERTON《Richard》

    1974年6月23日、オーストラリア生まれ。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(02)と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)で、ルーク・スカイウォーカーの叔父オーウェン・ラーズを演じ、その名を知られる。2016年には、『ラビング 愛という名前のふたり』で、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。監督業にも進出し、『ザ・ギフト』(15)、『ある少年の告白』(18)などを手掛ける。その他の出演作は、キャスリン・ビグロー監督の『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』(13)、リドリー・スコット監督の『エクソダス:神と王』(14)などがある。
  • タンディ・ニュートン《ボニー》 THANDIE NEWTON《Bonnie》

    1972年11月6日、ロンドン生まれ。『クラッシュ』(04)で英国アカデミー賞を受賞する。さらに、大ヒットTVシリーズ「ウエストワールド」(16~)で、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、エミー賞に輝く。その他の出演作は、トム・クルーズ共演の『M:I-2』(00)、『幸せのちから』(06)、オリヴァー・ストーン監督の『ブッシュ』(08)、ガイ・リッチー監督の『ロックンローラ』(08)、『2012』(09)、『リセット』(10)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18)など。新作は、ヒュー・ジャックマン共演の『REMINISCENCE』。
  • ユル・ヴァスケス《エンジェル》 YUL VÁZQUEZ《Angel》

    巨匠・名匠と数多く仕事をし、マイケル・ベイ監督の『バッドボーイズ2バッド』(03)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『宇宙戦争』(05)、リドリー・スコット監督の『アメリカン・ギャングスター』(07)、スティーヴン・ソダーバーグ監督の『トラフィック』(00)、『チェ 28歳の革命』(08)と 『チェ 39歳 別れの手紙』(08)、ポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』(13)などに出演する。TVシリーズでも活躍し「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」の第4シーズン(02)で演じたルーベン・ザ・キューバン役で知られる。
  • シャールト・コプリー《ミッチ》 SHARLTO COPLEY《Mitch》

    1973年11月7日、南アフリカ生まれ。ロンドンのトリニティ・カレッジで演劇を学んだ後、映画製作会社の共同設立・経営を担う。1998年、南アフリカ初の民間地上波放送局ETVの設立者の一人となる。退職後、数多くのCM、音楽ビデオ、短編映画の製作や監督を務める。2009年、『第9地区』で長編映画俳優デビューを果たす。その後、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(10)、『エリジウム』(13)、『オールド・ボーイ』(13)、『マレフィセント』(14)、『チャッピー』(15)、『ハードコア』(15)、『フリー・ファイヤー』(16)などに出演する。
  • アマンダ・サイフリッド《サニー》 AMANDA SEYFRIED《Sunny》

    1985年12月3日、アメリカ、ペンシルヴェニア州生まれ。世界的大ヒット作『マンマ・ミーア!』(08)と、その続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』(18)で広く知られる。その他の出演作は、『親愛なるきみへ』(10)、コゼット役で称賛された『レ・ミゼラブル』(12)、『ラヴレース』(13)、『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』(14)、『パパが遺した物語』(15)、『テッド2』(15)、『魂のゆくえ』(17)、『あなたの旅立ち、綴ります』(17)、『ANON アノン』(18)など。新作は、デヴィッド・フィンチャー監督の『Mank』(20)。

  • ナッシュ・エドガートン《監督》 NASH EDGERTON《Director》

    1973年1月19日、オーストラリア生まれ。スタントマン、俳優、編集者、プロデューサー、脚本家、監督として活躍し、『シン・レッド・ライン』(98)、「マトリックス」三部作(99/03/03)、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(02)、『華麗なるギャツビー』(13)など、180を超える映画やTV作品に携わる。『Loaded』(96)で短編映画を初監督し、弟のジョエルと友人と共に、映画製作共同体ブルー=タン・フィルムズを結成。以降、『Spider』(07)でサンダンス映画祭短編賞を受賞し、『Bear』(11)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門でプレミア上映される。彼が監督した短編映画は、あわせて65を超える賞に浴し、観客から絶賛され、世界中でカルト的人気を獲得する。2008年には、『The Square』で長編映画監督デビューを飾り、オーストラリア映画協会賞の作品賞、監督賞、脚本賞を含む7部門にノミネートされる。本作が長編映画監督第2作となる。
  • アンソニー・タンバキス《脚本》 ANTHONY TAMBAKIS 《Writer》

    1967年5月22日、アメリカ、コネティカット州生まれ。小説創作のためのポール・ボウルズ奨学金の受給者。有名な脚本家、ショートストーリー作家であり、小説「Swimming With Bridgeport Girls」の著者。脚本を手掛けた作品に、ジョエル・エドガートン主演の『ウォーリアー』(11)、ナタリー・ポートマン主演の『ジェーン』(15)などがある。
  • レベッカ・イェルダム《製作》 REBECCA YELDHAM 《Producer》

    1967年9月9日、オーストラリア生まれ。25年以上に及ぶ映画業界でのキャリアにおいて携わった作品に、ウォルター・サレス監督の『モーターサイクル・ダイアリーズ』(04)と『オン・ザ・ロード』(12)、マーク・フォースター監督の『君のためなら千回でも』(07)、『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』(08)、ジョエル・エドガートン監督の『ザ・ギフト』(15)や『ある少年の告白』(18)などがある。
  • エドゥアルド・グラウ《撮影》 EDUARD GRAU《Director of Photography》

    1981年、スペイン生まれ。トム・フォード監督の『シングルマン』(09)でハリウッドに進出。続くライアン・レイノルズ主演の『[リミット]』(10)でゴヤ賞にノミネートされる。その後、レディー・ガガの「Born This Way」のミュージックビデオを手掛ける。その他の作品は、『アウェイクニング』(11)、コリン・ファース主演の『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』(12・未)、サム・ロックウェル主演の『転落の銃弾』(13・未)、『フランス組曲』(14)、『未来を花束にして』(15)、ジョエル・エドガートン監督の『ザ・ギフト』(15)と『ある少年の告白』(18)、マイケル・ファスベンダー主演の『アウトサイダーズ』(16)など。新作はベン・アフレック主演の『The Way Back』(20)。
  • ルーク・ドゥーラン《編集》 LUKE DOOLAN《Editor》

    1979年2月4日、オーストラリア生まれ。ナッシュ&ジョエル・エドガートン兄弟と頻繁にコラボレートしている。これまでの作品に、『The Square』(08)、『アニマル・キングダム』(10)、『ザ・ギフト』(15)などがある。その他の作品は、アン・ハサウェイ主演の『シンクロナイズド・モンスター』(16)、TVシリーズ「Flaked フレークド」の1エピソード(16)など。映画監督としても活躍し、短編『Miracle Fish』(10)でアカデミー賞®にノミネートされた。
  • タティアナ・リーゲル《編集》 TATIANA RIEGEL《Editor》

    クレイグ・ギレスピー監督と頻繁にコラボレートし、『ラースと、その彼女』(07)、『フライトナイト/恐怖の夜』(11)、『ミリオンダラー・アーム』(14)、『ザ・ブリザード』(16)、アカデミー賞®にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(17)を手掛ける。その他の作品は、『ヤギと男と男と壁と』(09)、『プールサイド・デイズ』(13・未)、『バッドガイ 反抗期の中年男』(13・未)、『蜘蛛の巣を払う女』(18)などがある。
  • クリストフ・ベック《音楽》 CHRISTOPHE BECK《Music》

    1972年、カナダ生まれ。140以上の作品にクレジットされている、最も人気の高い映画音楽家の一人。最も有名なのは、全世界で大ヒットした『アナと雪の女王』(13)と、その続編『アナと雪の女王2』(19)。その他の作品は、『ハングオーバー』シリーズ(09/10/11)、ブルース・ウィリス主演の『RED/レッド』(10)、『ピッチ・パーフェクト』(12)、トム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)、『アントマン』(15)とその続編『アントマン&ワスプ』(18)、アマンダ・サイフリッド主演の『ANON アノン』(18)など。新作は、ライアン・レイノルズ主演の『Free Guy』(20)。